ストレス性アレルギーにアラキドン酸の食事療法 | アラキドン酸のサプリは今話題の脳の栄養分!

アラキドン酸は脳の栄養分です。前向きで聡明な毎日のために取り入れることによって健康効果をもたらしてくれます。楽しいことや新しいことに挑戦したい。冴えた毎日をおくりたい。そんな人におすすめのサプリが今話題です

アラキドン酸のサプリは今話題の脳の栄養分! > アラキドン酸エピソード > ストレス性アレルギーにアラキドン酸の食事療法

ストレス性アレルギーにアラキドン酸の食事療法

現在、アレルギーのお医者様で、直ぐにプレドニンというお薬の服用を勧める方がいらっしゃいます。

プレドニンは実は皮膚癌の薬としても服用される大変危険を伴う薬です。時に体内の抗体を壊し始め、長期服用する事で体毛が太く濃くなり、精神を侵し始めると主治医から説明を受けました。

長期に服用はしてはいけない薬だと主治医から注意された薬です。 長男は10歳の時この薬を服用せざるを得ませんでした。

私は、アレルギーの薬の効かない二人の息子達の命を救う為決意し、家庭裁判所委員会決定により離婚、親権を頂く事となりました。それからは、息子達のアレルギー体質改善の為に食生活改善の生活習慣に変わりました。

息子達は、あまりにひどいアレルギー体質だったので、お風呂の湯船に何年もつかる事が出来ない体になっていました。大変ひどい状態でした。

 

DHAの含まれるアラキドン酸の中には、アレルギー数値を下げ、血液の抗体数値を正常にする働きがある。とアレルギー科の専門医の薦めもあり、このアラキドン酸の含まれる食生活に変える事にし、現在に至ります。

DHA・EPAを含むアラキドン酸は魚の頭部中に多く含まれています。

その事は、息子達のアレルギー科の主治医がアレルギー学会で発表し、実行して効果をあげている事に預かって、薦められていた事を実行したに過ぎません。

 

ベジタリアン的食事は、肉を鳥の胸肉のみにし、塩分を出来るだけ摂取しない、野菜と魚のみの食生活を意味します。

私達は、この食生活が大変気に入っていて、直ぐに始められた事でもう7年近く持続し、血液検査にも異常が無く、アレルギーの薬の服用を止める事が出来ました。

もう、何年も市販の石鹸を使用できなくなっていた体は石鹸を使用し、湯船につかる事が出来る様になったのも、このアラキドン酸を含む食生活に変える事が直ぐに出来、その事でストレスも無く、毎日美味しい食事を摂取出来る様になったからではないか。と思っています。

 

私達のホームドクターでもある内科医は、この食生活を大変良い事だと思われているのか、いつもとても良い微笑みを浮かべて下さる様になりました。 私の息子達がアレルギーの薬の効かない体だった時の心配して下さった内科医の主治医の微笑みに、私の目頭が熱くなった事を今でも忘れる事は出来ません。