アラキドン酸の効果と特徴 | アラキドン酸のサプリは今話題の脳の栄養分!

アラキドン酸は脳の栄養分です。前向きで聡明な毎日のために取り入れることによって健康効果をもたらしてくれます。楽しいことや新しいことに挑戦したい。冴えた毎日をおくりたい。そんな人におすすめのサプリが今話題です

アラキドン酸の効果と特徴

アラキドン酸とは、ビタミンFと呼ばれる必須脂肪酸の一種です。

体内で合成することができないため、食物から摂取しなければいけません。乳児には非常に重要な成分で、免疫機能を調節したり、記憶力や学習の向上に効果があります。

 

他にも、コレステロール値を下げたり、高血圧を予防するという効果があります。 このアラキドン酸は卵やレバーなど肉類に多く含まれています。摂取しやすいのですが、ダイエットしている人、メタボ改善や予防をしている人にとっては、肉類を制限していたりして不足してしまうこともあります。

エイジングとともに、体内のアラキドン酸は減少していきますので、気をつけて摂りたい成分といえます。 エイジング、偏った食生活などで、アラキドン酸が欠乏してしまった場合には、脳内の情報伝達がスムーズに行われず、物忘れをしたり、集中力が低下してしまうことになります。

 

アラキドン酸の効果

・免疫機能を調節することができる効果

・脳の神経細胞の主成分なので学習能力、記憶能力の向上の効果。

・高血圧予防の効果

・血中のコレステロール値を下げる効果

 

アラキドン酸にはいくつもの効果があるのですが、過剰摂取をしてしまうと、適正量をとった場合の効果が裏目に出てしまうという特異な面を併せ持っています。

今日の日本人の食生活は、肉類摂取の割合が増え、アラキドン酸の摂取も以前に比べると数倍高くなってきています。過剰摂取は、アレルギー性湿疹、アトピー性皮膚炎、動脈硬化、大腸がんなどを引き起こすとされています。

エイジングで体の機能が低下した際には、サプリなどを上手に利用したいですね。年齢を重ねて、物忘れが増えてきたと感じたり、記憶力が低下してきたと思ったら、アラキドン酸不足を疑ってみましょう。

 

知っている人の名前が思い出せなかったり、知っているはずの漢字が書けなかったり、ヤカンのかけっぱなしなど、後で考えると「どうして?」と思うことが増えてきたら、体の機能低下でアラキドン酸の合成する力が落ちているのかもしれません。